2013年06月22日

ネタバレ注意! 『真・女神転生Ⅳ』発売1カ月後だから明かせる深遠なテーマと、気になる数々の謎を開発陣が語る

個人的な考察。
ゲームにマジになってます。
ネタバレです。


砂漠の東京は、キヨハルがロウヒーローとして創世しようとしたけど、柱となるヒーロー(主人公)が亡くなってしまったため、創世に失敗した世界。

爆炎の東京は、ケンジがカオスヒーローとして創世しようとしたけど、柱となるヒーロー(主人公)が亡くなってしまったため、創世に失敗した世界。

主人公達がいる東のミカド国及び蓋のある東京は、Nルートの延長。

----------------------------------------------------------

インタビューの中での分岐点というのは、天使と悪魔の戦い。

lowルート(天使勝利、砂漠の東京)
・天使が勝ち、神の御業によってケガレビトと悪魔が殲滅させられた。
・創世の柱となるヒーロー(主人公)が死亡。
・シェルターで難を逃れたケガレビトを殲滅するため、地上にプルート配置。
・ロウヒーローであるキヨハルは、天使が勝った世界で25年間メシアを待っていた。
・だからアキラは「神を信じながら、神に選ばれなかった我々」っと言っていたのかも。
・ホワイトメンによって、主人公達がメシアとして出現。


Nルート(引き分け、蓋ができた東京)
・神の御業をマサカドと、転生する前の主人公(ヒーロー)の力で防ぎ、蓋ができる。
・蓋の上は、天使と、繭で運ばれ選ばれた人々だけがいる東のミカド国。
・蓋の下は、悪魔と、選ばれなかった人々(ケガレビト)がいる東京。
・転生した主人公(ヒーロー)が東のミカド国でガントレットの儀式を受ける。
・これがメガテン4プレイ開始時の状況。



Cルート(悪魔勝利、爆炎の東京)
・悪魔が勝ち、ケガレビトや悪魔が天使を駆逐して、神の御業を防いだ、秩序が崩壊した世界。
・創世の柱となるヒーロー(主人公)が死亡。
・カオスヒーローであるケンジは東京の人々に、「家畜人間になるか悪魔人間になるか」という選択を迫る。
・家畜人間は、タヤマが行っていた赤玉を抽出する工程を省き、直接採取する形に変更したもの。
・ホワイトメンによって、主人公達がメシアとして出現。

----------------------------------------------------------------


Cルートが適当だけど、こんな感じなんだろうか。
どの世界でも、アキラという人物が建国とか指導者的な立ち位置にいるから、アキラってそういうポジションなのかなと。

DLCの大天使の羽を折れは、多分、上記のNルートの過去なんだろう。
過去で四大天使を討ち封霊塔カゴメに閉じ込めた結果、ゲームプレイ中の将来で、彼らを助け出すことになったわけだし。


主人公達がいる世界では

・ロウヒーローはヨナタン、カオスヒーローはワルター。

・柱となる主人公が死なない世界であるため、ロウ、カオス、ニュートラルのどれにもなれる世界。

・そのため、ロウルートではヨナタンがメルカバーとなり、柱となるヒーロー(主人公)が生きているので、ロウの世界が成立する。砂漠の東京の世界では、柱となるヒーロー(主人公)が生きていれば、ロウヒーローであるキヨハルがメルカバーとなり、ロウの世界が成立していた。

・カオスルートではワルターがルシファーとなり、
柱となるヒーロー(主人公)が生きているので、カオスの世界が成立する。爆炎の東京の世界では、柱となるヒーロー(主人公)が生きていれば、ケンジがルシファーとなり、カオスの世界が成立していた。

・ロウ・カオスヒーローのどちらにもつかず、転生した主人公によって東京の女神を復活させるニュートラルの世界が成立する。


ホワイトメンは、どの世界にもならない、無の世界にしようとしていた。
スティーブンはどれになってもまぁいいかみたいな感じなんだろうか。

インタビュー読んでからこういうのを1人で妄想してた。
いやぁ、メガテンってほんとうにいいもんですね!


(01:44)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コタロー   2013年07月07日 02:12
ダウンロードコンテンツでキヨハルが「ケンジのほうが正しかった」とか言って絶望していましたが、なにげにキヨハルとケンジが同一世界にいたのが確定的にわかるのってここだけですよね。
それぞれのルートでの転生前主人公が死んだタイミングも気になります。
転生前主人公はNルートでは天蓋になったのでICBN直前に死亡ですが、Cルートでは天使皆殺しの時にはまだいてその時はケンジも人間だった、Lルートではいつまで生きていたかわからず。
妄想なのですが、どちらのルートも人のままのケンジorキヨハルと主人公でラスボスまで突き進んだ結果で力が足りず、主人公はラスボスの悪魔化ケンジ、天使化キヨハルから相棒をかばって死んだのではないでしょうか。序盤でもし死んだのなら、ラスボスをその後悪魔人間になったケンジはともかくキヨハルが倒せるかが疑問なんですよね。
あとホワイトメンは繰り返しで無駄と言ってるけど、どうやってもICBNから東京を救えなかった上、復活後も大洪水からカテドラルに到達した人間しか救えなかった真1より世界が好転していると感じます。
2. Posted by くろにわ   2013年07月07日 10:56
コタローさん、はじめまして!

そうなんですよね、爆炎の東京側のDLCでケンジやキヨハルに触れるのかと思ったら、サナトが主な内容でしたし、わからないことが多いです。

なるほど!
創世を成功させるためには「主人公が生きている」ことと「ラスボスを倒す」必要がありますもんね。

そうなると、ラスボスに挑む際、悪魔を使役できていたのかというのも気になります。
個人的にはラスボスに挑む際、主人公達は悪魔を使役していたのではないかなと思っています。
霞ヶ関の悪魔討伐隊シェルターの過去ログにあった25年前の書き込みに、悪魔召喚プログラムのことが出ていました。
もしかすると、その悪魔召喚プログラムを利用して、主人公&キヨハルorケンジは、ラスボスに挑んだのではないのかなと。

ホワイトメンはどの世界にも矛盾を見てしまい、希望を見いだせなかったのかもしれないですね。
砂漠の東京では、悪魔の存在を否定し、なにがあっても神を信じていた人達を神は救ってくれなかった。結果、悪魔の存在を受け入れることになった。
爆炎の東京では、悪魔の存在を受け入れ、神による秩序形成を否定したものの、結局、秩序形成へ向かっていく。
「神に見放されたらどうなるか」「神を否定したらどうなるか」という、神の人々に対する傲慢とも言える態度に、ホワイトメン達は憤っていたのかもしれないですね。
そんな神の意思よって振り回される世界なんていらない!という感じで。

こういう風にいろいろ考えることができて、そういうのを語れるというのは嬉しいです(・∀・)
開発陣の方々が、また何か説明をしてくれるといいですね。
3. Posted by コタロー   2013年07月08日 01:52
返信ありがとうございます。
やはり2人ともイントルーダー(悪魔討伐隊)として人間のまま戦ったような気がしますよね。
あと、個人的に悪魔討伐隊の服がデモニカではなくブラックデモニカで、リリスがそれを着ているのが気になります。
予想なんですが、悪魔討伐隊のログにあったタマガミ防衛大臣というのはリリスにそそのかされたカオス勢力だったのではないでしょうか。ヤマトも無限発電炉として偽装しつつ実は魔界のゲートだったわけですし。
天使:ゲートが開こうが開くまいが繭を打ち上げしだいICBNは落とす。キヨハルと主人公は上手く騙してゲート開放の邪魔をさせることで繭を防衛する時間かせぎに使う。
悪魔:魔界のゲートをタマガミに開かせるがICBNは止める。ケンジと主人公はICBNを止めることだけ強調して魔界のゲートを開くことと繭が腐ることは隠す。
その他の勢力
マンセマット:天使の直接統治は神の意志ではないので、四大天使の邪魔をする。アキュラ王に加勢しつつ、四大天使のうち三馬鹿は封印する。赤玉の製造法をタヤマにおしえて秩序をつくる。
スティーブン:東京の女神をモデルにバロウズアプリと召喚プログラムをつくる。いっぱいバラまくことでアキラやツギハギとフジワラみたいな「繋ぎ」の人材を確保して東京の守護と復活を手伝う。
みたいな感じかと。
4. Posted by くろにわ   2013年07月08日 03:10
はい、キヨハルもケンジも主人公も、もしかしたら民間人からの悪魔討伐隊参加者だったのかもですね。
確かに!リリスがブラックデモニカを着て行動しているあたり、悪魔討伐隊と何かしらのつながりがあったのではという感じがしてきます。
そして、悪魔討伐隊を生み出したタマガミとのつながりも、そうなのかなと。

それぞれの世界で、キヨハルと主人公はゲート解放阻止に、ケンジと主人公はゲート解放を目的に行動したというのは、蓋の閉まった世界でのヨナタンと主人公、ワルターと主人公がしたことと同じかそれに近いことがあったのかもしれないですね。

おお、それぞれの勢力の思惑の説明、とてもわかりやすいです!

キヨハルは、エンシェントデイと会話をするまで、神や天使を信じている節がありましたもんね。
「ケンジが正しかった」とキヨハルがつぶやいていたのもそれを物語っているように思います。
そういう点からしても、キヨハルや主人公が神や天使達にとって都合の良い存在であったというのは、その通りなのかもですね。

僕は、赤玉からケンジが家畜人間を思いついたと考えていたのですが、間違いでした・・・。
なるほどカオスでの家畜人間の存在が、ニュートラルでは赤玉なんですね。
そういえば、マンセマットはカオスの世界でなく、蓋の閉まった世界で活動してました。

また、スティーブンの最終的な目的も、東京の女神の復活でしたね。
それが東京を救うことになるので。
自分の記憶力と思考能力のなさがもう(ノ∀`)アチャー

次のDLCはスティーブンが依頼者みたいなので、そのスティーブンの思惑が明かされるのかもしれないですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字