真・女神転生Ⅳ

2013年06月02日

60時間くらいかかった。

今回、主人公の能力は、魔と速を集中的に上げた。
周回プレイをすれば、全てのステータスを200にできるから、けっこう適当でもいいかもしれない。
100レベルまでしか上げられないから、各種香が必要になる。

ただ、速さは上げておけば先制率が上がるみたいで、戦闘が楽になるかも。

武器も銃も全く買わなかった。
防具も最後の最後まで買わなかった。
大きな額のお金が必要なのは、とある任意のイベントで使うくらいで。

難易度は新人で、DLCは利用せず、攻略サイトとか情報も入れずにやった。

今回は、ルート分岐の条件がわかりにくい。
1週目はロウだったから、次はニュートラルでクリアしたいんだけども。


今回のメガテンは、雰囲気が真・女神転生Ⅰ、Ⅱに近く、戦闘システムは3に近い。
序盤は死にやすい。
けど、仲魔の耐性を強化すれば一気に先制される→死亡が少なくなる。

買ってよかったって思う。
以上。

(03:35)

2013年05月25日

11時間くらいプレイした。

ゲーム内容は、真・女神転生シリーズの雰囲気が凄くあって面白い。
始めは、そんな雰囲気あまり感じられないんだけど、話を進めていく内に、これは真・女神転生だって実感できた。


で、一昨日からメガテン4をプレイし続けているんだけど、遠くの友人達もプレイしていて、それをツイッターで共有できるというのが、なんか凄いなぁと思う。

自分が思っていることを、自分の中だけに留めておくんじゃなくて、他の人と共有するというのが良いのかもね。
(一応、ネタバレには気をつけてるつもり。)



ネットがなければ、こんなことありえなかった。
僕は小学校の頃からひきこもってしまったから、それ以降は友達が1人もいなかった。

今は、ずっとネットで僕に関わってくれている友達いる。

以前は、人付き合いについて、ネット上はネット上、実社会は実社会と考えてた。
けど、ネットも実社会も切り離して捉えるものじゃないと教えてもらった。

そういうのを実感できるからこそ、友達がいる、って言えるのだと思う。
相変わらず、僕の身近な所に友達と呼べる人は1人もいないけど(ノ∀`)アチャー




(00:34)

2013年05月23日

予約してたのを買ってきた。
予約特典のDLコードと初回特典が付いてきた。


オリジナルの名前はフリンとあるけど、名前変更できるし、音声もオフにできるから嬉しい。
ソウルハッカーズでも音声オフはあったから、アトラスはわかってるなぁと。
僕は、やっぱり主人公は自分がいいから。

多分、真・女神転生Ⅱのホーク以来のオリジナルの名前を付けたというのは、アニメとか小説とかしやすくするためなのかなって。

チュートリアルが細かいあたり、シリーズが初めての人に対する配慮があるし、どこでもセーブ・ロード機能が便利。

難易度は、まだわからない。
メガテン恒例かもしれないけど、相手に先制されるとそのまま全滅とか多い。
2回全滅すれば、次から難易度選択できるみたい。
自分は難易度そのままでやるけど。

ステータスに体の項目がないから、速と魔に集中的に振ってるみる。
スキルも仲魔から教えてもらうっていう、新しいシステムだし。
マガタマで覚えるっていうのも好きだったけど。

ペルソナ3、4みたいなシンボルエンカウント。
うまく切りつければ先制できる。失敗しまくりだけど。

僕はアトラス信者だから、ある程度のデキでも「(・∀・)イイ!!」って言っちゃうかもしれない。

世界樹の新作も予約して買おうと思う。

(17:49)